働きやすい職場を見つけるためには

働きやすい職場を見つけるためには

柔軟な働き方をするための転職

 現在の転職事情では、昔ながらの終身雇用制を期待した転職活動を行う人はほとんどいないと言って良いでしょう。つまりは、自分のキャリアを生かしながら、もし良い待遇の職場があったとしたらそちらへ移るというような、企業主体の転職から、個人主体の転職へとシフトチェンジが行われています。

 

この流れは、さらに加速するものと思われます。そして、給料の額を下げてでも家庭の時間を大切にしたいというような、新しい働き方を目指す動きも出てきています。こうした柔軟な働き方をするために、転職をするという方も少なくありません。

 

徹夜・残業禁止の企業への転職

 中途採用における転職活動では、残業をいとわない人の方が重宝されるというイメージがあるかもしれませんが、短時間に仕事が収められる仕事の生産性の高い人材への注目度が最近は高まっています。ですから、企業の中には徹夜や残業をせずに仕事の生産性を高めたいという思惑が強くなっているのも事実です。こうした企業側の考え方の変化は、仕事のしやすさに関しても少なからず影響があります。時間重視の仕事から、生産性重視の仕事が良いと評価している企業への転職は、これからの働きやすさを求める人にとっては一つの重要な評価軸になるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 30代の転職日記 最新トピックス記事